2016.10.11 SPC LIVE

2016年10月11日(火曜) 吉祥寺スターパインズカフェにて「Acousphere with Friends」を開催します! 
Acousphere Recordに所属するアーティストが一同に集う スペシャルライブイベントが決定しました! 
Acousphere with Friends
日にち:2016年10月11日(火曜)
場所:吉祥寺スターパインズカフェ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演:Acousphere / Acoustic Sound Organization / Aerial / Sonascribe
時間:Open 18:00 / Start 19:00 前売り ¥3,900+1drink / 当日 ¥4,900円+1drink
詳細はこちらをご覧下さい!

2014/12/04

ボサノバのリズムを弾いてみましょう!

ゆったりとした揺らぎのあるボサノバギターのリズムを弾いてみましょう。
今回はまず右手の使い方をメインにしていきます。
それでは弾いてみて下さい。



 ポイントは
親指は必ず、1拍目、2拍目をしっかりと弾きます。
またコードが移り変わる部分が前の拍の最後の音になります。
ボサノバのギターは、色々なパーカッションの演奏が基にあり、
各パーカッションのエッセンスをギター1本に凝縮したものと言えます。
なのでパーカッションの役割や音色を理解する事がとても大事になってきます。



---------------------------------------------------------------------------------

代表的な3つのパーカッションを紹介したいと思います。

 ~スルド~
リズムの一番の基礎を担当する部分です。
2拍子のリズムの1拍目、2拍目を担当しています。
1拍目が小さく、2拍目が大きくです。




~ガンザ(シェーカー)~
小さな揺れを絶えず起こしてくれる楽器です。
16分の細かい刻みを基本にしつつ、次の拍への繋ぎを滑らかにするようアクセントをつけたります。




~タンボリン~
電電太鼓のような風貌ですが、リズムのアクセントを担当します。
ブラジル音楽は様々な所にアクセントがつきますが、
特に16分音符の2、4の場所につく事が多いので、とても複雑なリズムに聞こえてきます。


---------------------------------------------------------------------------------

ギターで演奏する時は
親指がスルド
人差し指、中指、薬指がタンボリン、ガンザ
に置き換えられます。


それぞれの指がパーカッションになったつもりでぜひ弾いてみて下さい。

ギターレッスン開講中!
東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャンによるギターレッスンを開講しています!
1レッスン¥3000。60分間のレッスンです。
月金の11:00-17:00の間で受講頂けます。
入会費、年会費などはありません。
初心者の方から丁寧にフォロー致します!ブラジル音楽のギターに興味がある方もぜひ!
レッスンのお申し込み、お問い合わせはkohiketa.bossa@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!


それでは!
ボサノバギターレッスン募集中!

サイト内の記事を検索!

その他の記事!

ブログ アーカイブ