❡名曲 酒とバラの日々を簡単ボサノバアレンジで動画とコード譜で紹介します!

ギタリストの外園健彦です!

音楽はジャンルに限らず名曲と呼ばれるものは人の心の琴線に触れる何かを持っていますね。





今回はヘンリー・マンシーニの名曲「Days of Wine and Roses(酒とバラの日々)」を取り上げます。
酒とバラの日々は同名の映画(酒とバラの日々)で使われた映画音楽ですが、ジャズのスタンダード・ナンバーとして根強い人気があります。 オスカーピーターソンや、アンディウイリアムス等著名なミュージシャンがカバーしている曲に今回は挑戦です!

ゆったりとしたボサノバのリズムでアレンジをしましたので、左手のコードワークも意識しつつ、落ち着いて演奏してみて下さい!



名曲I Got Rhythmを簡単ボサノバアレンジで動画とTAB譜で紹介します! 

ギタリストの外園健彦です!



音楽はジャンルに限らず名曲と呼ばれるものは人の心の琴線に触れる何かを持っていますね。
今回はジョージ・ガーシュウィンの名曲「I Got Rhythm」を取り上げます。

I Got Rhythmは80年以上前に作られた曲ですが、現在でもジャズのスタンダード・ナンバーとして人気の曲ですね。
そのコードの進行は「リズムチェンジ」という名前がつく程有名で、他のスタンダード曲にもしばしば見られます。



今回Jazzのスイングのリズムの曲をブラジルのテイストでアレンジしてみました。ブラジルには様々なリズムが存在しますが、今回は軽快で小気味好いサンバ風にアレンジしてみました。
簡単に綺麗に弾けるように、左手は3本の指で弾けるようなアレンジにしました。ぜひチャレンジしてみて下さい!



カントリーロード(故郷へ帰りたい)を初心者向けアレンジで動画とTAB譜で紹介します!❡名曲をボサノバアレンジで弾こう ❡

ギタリストの外園健彦です!

音楽はジャンルに限らず名曲と呼ばれるものは人の心の琴線に触れる何かを持っていますね。 今回はジョン・デンバーの名曲「カントリー・ロード」を取り上げます。
1971年に発表されたこの曲はオリビア・ニュートン=ジョン を始め、様々な歌い手によってカバーされてますね。



スタジオジブリの映画『耳をすませば』の挿入歌としても有名ですね。



ボサノバのリズムを弾いてみましょう!

ゆったりとした揺らぎのあるボサノバギターのリズムを弾いてみましょう。
今回はまず右手の使い方をメインにしていきます。
それでは弾いてみて下さい。



 ポイントは
親指は必ず、1拍目、2拍目をしっかりと弾きます。
またコードが移り変わる部分が前の拍の最後の音になります。
ボサノバのギターは、色々なパーカッションの演奏が基にあり、
各パーカッションのエッセンスをギター1本に凝縮したものと言えます。
なのでパーカッションの役割や音色を理解する事がとても大事になってきます。

ウクレレのコードダイアグラムの読み方を説明します!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

ウクレレのコードの押さえ方を示すとき、コードダイアグラムという表記法が使われます。
方眼状になった罫線に押さえる場所が黒丸で表されているもので、コードフォームを視覚的に確認できるようになっています。

今回はコードダイアグラムの読み方を解説します!
コードフォームはこのこの方法で表記されていることがほとんどですので、ぜひ読み方を覚えて練習に役立ててくださいね!

滑らかなコードチェンジのやり方について。左手を離して指を動かす時間を確保しよう!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

ウクレレを始めたばかりの方にとって、コードチェンジが最初の関門になると思います。
とくにGなど複数の指を使って押さえるコードは難しく感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

コードチェンジは出来るだけ素早く、余分な音が鳴らないようにしなければというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
左手を弦から離し、指を動かす時間を確保して次のコードに向かえばよいのです。

今回はそのようなコードチェンジの時の左手の動かし方について解説したいと思います。