オススメのウクレレ弦を紹介します!        Aquila, Nylgut(アキーラ、ナイルガット)

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

今回はオススメのウクレレ弦、Aquila(アキーラ)を紹介します!
弦は色々なメーカーから多様なものが発売されていて、どれを選んでいいのかわからない場合もあるのではないでしょうか?

僕もこれまで色々な弦を試してきたなかで、これという弦になかなか巡り会えませんでしたがこのAquilaは音の抜けや弾き心地という点で群を抜いていました。
Aquilaの特徴をレビューしましたので、弦選びで迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!


Aquilaの最大の特徴はその音抜けの良さとふくよかな音にあります。
音がこもらずしっかりと前に飛んでいってくれるような印象です。
ふくよかな太い音で他の弦よりも音の伸び(サスティーン)があります。

1つ1つの音がしっかり出てくれるので特にソロウクレレやメロディープレイにおいてその特徴を実感できると思います!

チューニングの安定度も良く、固すぎず柔らかすぎずの程よいテンション感で、左手の押弦やピッキングが非常に良い感覚で行えます。


これを可能にしているのがNylgut(ナイルガット)という独自の素材です。
ウクレレやクラシックギターの弦はナイロンやフロロカーボンなどの化学繊維で作られた弦が主流ですがもともとは羊の腸から作られていました。
これはガット弦と呼ばれ、今でもクラシックギターのことをガットギターと呼ぶことがあります。
ガットは音質の点ではとても優れていたのですが、耐久性やチューニングの安定において難がありました
そのガットの音の良さをとナイロンの耐久性、安定度をコンパイルすべく開発されたのがこのNylgutです。

普通のナイロンとは違った白い弦でちょっと個性的な見た目になります!

ソプラノ用からバリトン用まで、ノーマル、Low-Gともに発売されています。
どの弦にしようか迷っている方はぜひお試しください!










東京荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャン達によるウクレレレッスンを開講しています!
平日、土日ともに17:00-22:00の間で受講頂けます。
特に初心者の方に向けたカリキュラムに力を入れています!
ウクレレの貸し出しもできるので、まだ楽器をお持ちでない方でもレッスンをスタートできます。
また仕事帰りなどに手ぶらで受講頂くことも可能です!

傍らに楽器のある生活はとても素敵です!
ウクレレで音楽ライフをスタートさせてみませんか?

レッスンのお申し込み、お問い合わせはsonascribe@gmail.comまでお願い致します。
お気軽にお問い合わせください!

レッスンの詳しいご案内はこちら!


講師の演奏です!