Pat Metheny/Guitar Etudes Warmup Exercises for Guitarレビュー!*

Editor : Yohei Aso (Acoustic Sound Organization)
Pat MethenyのGuitar Etudes Warmup Exercises for Guitarが発売されたので早速購入してみました!押しも押されぬ人気ギタリストのPat Methenyは僕も大尊敬しているアーティストの一人なのですが、そのPatがライブ前に行うウォームアップはギタリストなら誰でも興味がある所だと思います。

聞く所によると最近のPatはライブ前には1時間近く一人で部屋にこもって本番の用意をしているとの事で、その時にいったいどんな練習をしているのかが知れるのではないかと思いこの本を購入しました。



Audio Recorderを解説!iPadでのレコーディングに挑戦!*

Editor : Shige Okusawa (Acousphere)

Acousphere奥沢です!
だれでも簡単に音楽作品のレコーディングをはじめられるiPad版Garageband。
いろんな機能を試しながら理解を深めている自分ですが、今回は「Audio Recorder」の機能について考察してみたいと思います。

マイクの形のアイコンがAudio Recorder。
その名前の通り音を録音するモードなんですが、iPadについている内臓マイクを使っての録音と、ギターケーブル&マイクケーブルをiRigやApogee Jam経由でiPadにコネクトしてというふた通りの録音に対応しています。

僕の場合ギターの録音もAcoustic Guitarを使うことが多いのでGuitar AmpモードよりもこちらAudio Recorderモードの方が相性が良くて、クリアに録音できるので助かってます。
歌以外のレコーディングにも使えるメインの録音モードと定義して良いのではないでしょうか。



音楽コラム:プロギタリストの定義とは?*

Editor : Shige Okusawa (Acousphere)

インターネットの発展により個人が自由に情報を発信できる時代がやってきました。
いまやコンピューターさえ手元にあればレコーディングをして音楽作品をつくることも、ホームページを作って自分の活動の宣伝をすることも可能です。
かつてレコード会社にしかできなかったビジネスが誰でも簡単に行える現代においては、もはやプロフェッショナルとアマチュアという垣根は存在しないといえるのではないでしょうか。

ではプロとアマの境界線は演奏レベルによって線引きされているのでしょうか?
これも違うといえます。
楽譜が読めなくても、音楽理論がわからなくても素晴らしい演奏をきかせてくれるミュージシャンはたくさんいます。
またそれらの高度な知識や技術を身につけていてもアマチュアとして素敵な音楽を作り続けているミュージシャンもたくさんいます。
音楽の優劣はレベルでは決してないのです。

U2「Where The Streets Have No Name」のリフ動画をiPhoneアプリ「iMovie」で編集!*

Editor : Taiyo Hatta (paranoa)

iPhoneアプリiMovie。
iPadのアプリでもありますが今回はiPhoneで映像編集してみました!
とにかく簡単!
Final Cut以上に簡易性に優れていて誰でも簡単に映像編集し、youtubeなどに上げる事が可能となっています。
感覚的な操作でいとも簡単に映像編集ができるんですよ!

僕のギターメンテナンスをレビューします!*

Editor : Yohei Aso (Acoustic Sound Organization)

本日は僕が所有しているフルアコの1本、taku sakashtaデザインのT's Guitar制作Modern Masterのクリーニング、メンテナンスと調整をしていきます!

スタジオライブ映像紹介!  Sonascribe - I Feel The Earth Move

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

SonascribeによるI Feel The Earth Moveのスタジオライブ映像を紹介します!

Sonascribeのセカンドシングルとして取り上げた曲で、叩きつけるようなピアノのリフとブルージーなメロディーをギターで再現しています。
アコースティックギターでハードなロックナンバーをやりたいと思ってこの曲を選んだのですが、激しくスリリングなアレンジに仕上がりとても気に入っています。
今もライブでも欠かさず演奏しています!

生演奏一発撮りならではの勢い溢れる演奏をお楽しみ頂ければと思います!

U2の「 I Still Haven't Found What I'm Looking For」メインリフ紹介!*

Editor : Taiyo Hatta (paranoa)

今回はU2の名曲
「(終りなき旅) - I Still Haven't Found What I'm Looking For」のメインリフです。
単純なコードのループでもアレンジ次第でこんなにも印象的にできるんだなと思わされるギターリフですよね。
歌メロに負けないくらい印象的なこのリフですがやはりDelayを使ったアレンジメント。
U2ギターリストThe Edgeはアレンジセンスもさることながら,
エフェクターを駆使して様々な音色をアレンジに組み込むギターリストです。
その中でもDelayを使ったアレンジメントはThe Edgeの代名詞ともいえる奏法ではないでしょうか。
Edgeの奏法はバンド内でのギターアレンジにとにかく映えるのでいくつか音色やフレーズをコピーすると重宝します!
今回のリフもコードアルペジオで始まるミドルテンポのバラード等、ギターアレンジの参考になるはずです。











ギターフレットを磨いて気持ちよく演奏!*

Editor : Yohei Aso (Acoustic Sound Organization)

まずクリーニングの始めにフレットを磨き上げていきます!フレットは長年使っていくと錆びがでてきたりして音色も悪くなってしまうので、きれいに磨いて上げましょう。


チュートリアル動画紹介!ウクレレで We Are The Worldを弾こう!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

ウクレレの伴奏チュートリアル動画を紹介します!

Michael JacksonとLionel Richieの共作によるWe Are The Worldをウクレレのストロークで簡単に弾けるようにアレンジしました!

荘厳な曲想に真摯なメッセージが込められた名曲ですが、今回はウクレレの可愛い音のイメージに合うような軽快なリズムに仕上げています。

音楽に合わせて表示されるコードダイアグラムを追っていけば弾けるようになっていますので、ぜひトライしてみてください!

A.S.Oによる"イパネマの娘"弾き方を公開!*

Editor : Yohei Aso (Acoustic Sound Organization)

世界中で最もカヴァーされ愛されている名曲The Girl From IpanemaのAcoustic Sound Organizationヴァージョンの弾き方を説明します!
今回は伴奏のコードの説明です。
こちらの曲はもともボサノバのリズムの曲になっていますが、こちらの音源ではワルツ風な3拍子でのアレンジとなっています。



ギターの基礎チューニングを学びましょう!*

Editor : Shige Okusawa (Acousphere)

ギターを弾き始める前にまずやらなくてはならない作業、それは「チューニング」ですよね!
チューニングとは調弦のことで、ギターの6本ある弦を決められた一定の音程に合わせる作業の事をさしていいます。
このチューニングを正しく行っていないと、どのコードを弾いてもピッチが合わなくて気持ち悪いですし、他の楽器とのセッションもままなりません!
ここでは最もよく使われるチューニング「レギュラー・チューニング」の合わせ方を説明したいと思います!

We Are The World ウクレレセッション         Aco sound Org麻生洋平 & Sonascribe林本陽介

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

Acousphere Studioでのスタジオライブの映像を紹介します!

Acoustic Sound Organization麻生さんとウクレレデュオで演奏しました。
曲はアメリカを代表する45名のシンガーが集まってレコーディングされた"We Are The World"です
この曲は"USA For Africa"と銘打たれたアフリカの飢餓救済のチャリティーの曲で、Michael JacksonとLionel Richieによって書かれました。
ぼくらみんなが手を差し伸べれば、もっと良い世界を作っていけるという真摯なメッセージが心に残ります。

原曲は荘厳な曲想のバラードですが、今回はウクレレでのストロークに合うポップなアレンジに仕上げました!

Seventy Sevenのピックアップをアクティブにしてみた!*

Editor : Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
みなさんこんにちは。
Sonascribeのギタリスト、林本陽介です。
僕らは今、音源作品のレコーディングに取り組んでいます。
その際、やはりより良い音で録る事は作品をより良くする上で必須です。
レコーディング器機や環境はもちろん重要ですが、まずギターをいい音にしなくては考えました。
先輩でリペアマンの播磨さんに相談しピックアップを交換してレコーディングに臨みました。
その結果をレポートします!!

Aerial
River Of Reflection
Acousphere Record
Now On iTunes Store & Amazon MP3
Please Download !