2016.10.11 SPC LIVE

2016年10月11日(火曜) 吉祥寺スターパインズカフェにて「Acousphere with Friends」を開催します! 
Acousphere Recordに所属するアーティストが一同に集う スペシャルライブイベントが決定しました! 
Acousphere with Friends
日にち:2016年10月11日(火曜)
場所:吉祥寺スターパインズカフェ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演:Acousphere / Acoustic Sound Organization / Aerial / Sonascribe
時間:Open 18:00 / Start 19:00 前売り ¥3,900+1drink / 当日 ¥4,900円+1drink
詳細はこちらをご覧下さい!

2013/01/21

アンプ内蔵ミニギター、Pignose pgg-200をレビュー!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe)
Sonascribe林本です!

部屋でいざギターを弾こうと思ったとき、ケースから出したり、アンプに繋いだりと弾くまでになかなか手間がかかると、練習が少々億劫に感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時に活躍するのが気軽に部屋に置いておける小さなサイズのギターです。
特にエレキギターはアンプやエフェクターに繋いだり、いろいろと準備が必要なのでこのPignoseのようなアンプが内蔵してあるギターはすぐに弾けてオススメです!

Pignose pgg-200の細部の仕様を紹介してますので購入の際の参考にして頂ければと思います!


ボディの真ん中にサウンドホールのようにスピーカーが搭載されています。

Pignoseのアンプと同じもので小さいながらも図太いオーバードライブが得られます。

なかなか大きい音が出ますし、音質はこのサイズのものとしては十分なクオリティーだと思います。

コントロールはヴォリュームひとつのみ。おなじみのブタ鼻です。
プッシュ/プルで電源のオン/オフができます。

このアンプは音量が上がるにつれて歪みが増していくタイプです。
ナチュラルでよい音なのですが、十分な歪みを得るためにはボリュームをかなり上げないといけないのが難点です。

ジャック付きなので普通のエレキギターと同じようにアンプでも出力できます。

ヘッドフォンアウトも搭載されているのであまり大きな音を出せない場合でも演奏を楽しめます。
しかし、ヘッドフォンで歪むくらいボリュームを上げるとかなりうるさいので、ヘッドフォンでオーバードライブサウンドはあまり現実的でないかもしれません。

バータイプのハムバッキングを一基搭載しています。ピックアップの高さも調節可能です。

フェンダー系ギターと同じタイプのブリッジです。
各弦ごとに弦高調整とオクターブチューニングが可能です。

弦は裏通しになっており、ショートスケールながらもテンションを稼ぐ工夫がされています。

ネックはボルトでボディに接合されています。
トラスロッドはヘッド側から調整可能です。

ペグはトルクが調整できるロトマチックタイプが搭載されています。

ネックはしっかりとした剛性感があり、フレット際の処理もなされています。
この価格帯のギターにしてはかなりしっかりとした作りだと思います!

小売店での実勢価格は19800円から25000円くらいですので総評として価格の割にかなり作りがいいギターだと思います。

部屋ですぐに手にとれるギターとして、また友達の家などに気軽に持っていけるギターとして、とても楽しめるものだと思います!

サイト内の記事を検索!

その他の記事!

ブログ アーカイブ