BeatlesのLet It Beのメロディーとギターソロを弾こう!

Editer:Yosuke Hayashimoto (Sonascribe) Sonascribe林本です!

Beatlesの名曲、Let It Beをギター2本でのデュオアレンジにしてみました!
メロディーとギターソロの弾き方のレッスン動画を作ったので紹介いたします!

下段に押さえる箇所を示すフレットガイドが出てきます。

Let It BeはBeatlesの解散が決定的となった時期にPaul McCartneyが祈るようにして生み出した曲です。
とても印象的な曲ながらもメロディー、コード進行共にとてもシンプルで初心者の方にも挑戦し易い曲です。
また荘厳なギターソロもこの曲のハイライトです。メロディーと一緒にギターソロにも是非挑戦してみて欲しいと思います!




メロディーはメジャースケールのみで構成されていますので、ポジションを一つだけ覚えればこの曲のメロディーは弾けてしまいます。
しかし単純に音階を追うだけではこうしたインストの音楽はとても味気ないものになってしまいます。
ここで重要なのは歌詞が聞こえてくるようにギターを弾くということです。

この動画では一番のAメロの歌詞が聞こえるようにニュアンスを工夫して弾いています。
歌詞の違いによる譜割りの変化はもちろん、スライドやハンマリングなどを駆使して歌詞の発音を再現しています。 手の動きを歌詞と照らし合わせて見てみてください!

ギターソロは5弦ルートのCメジャーペンタトニックで構成されています。
メジャーペンタのポジションはもちろん、チョーキングがかっこ良く決まる箇所なども参考にしてください! 特にチョーキングでのダブルストップと盛り上がった後半での使い方がカッコイイと思います!

特別な音使いや難しいテクニックなどは一切出てきませんが、このギターソロが曲の世界観をさらに壮大なものにしています。
ギタリストが自己主張をするためのようなソロではなく、このLet It Beという曲のために練り上げられたソロと言えるでしょう!