仕事効率化へむけて "Incase Origami Workstation" を導入してみました!

Editor : Shige Okusawa (Acousphere)

Acousphere奥沢です!
ギタリストとして生きてゆく為にはギターを弾いてるだけではダメな現代。
メールを書いたり、サイトに記事を書いたりとデジタル文書を作る事がとても大事な時代になりましたよね。
僕の文章作成の相棒はもっぱらMac Book Airなのですが、更にどこでも高効率な作業ができるよう考えてiPhone4やiPadにつながるBluetoothキーボードを持ち歩いています。
でもかばんの中で同じキーが押されてしまい気がつくとiPhoneが文字だらけだったり、キーボードの電池がきれていたりとうまく使えてませんでした。
Bluetoothキーボードのケースが必要と思いみつけたのがこちら「Incase Origami Workstation」。
折り紙ってところが日本的で気に入ったのですが、今日ようやく届きましたので使用感をレビューしたいと思います!



まずこちら!こんなケースに入って届きました。
Mac的な箱のデザインなので、Macファンにはこれだけでもちょっと嬉しいですね。

本体はこんな感じです。
つやけしのブラックで、素材の感じは初代iPadの純正カバーにそっくりです。

中を見るとこんな感じでキーボードのホルダーが付いていました。
ここにキーボードのおしりの部分を差し込めば準備完了ですね!
とても簡単な仕組みです。

ケースにキーボードをつけた状態です。
非常に頑丈にキーボードを守ってくれそうです。

そしてこのケースの一番の見せ所は、開いてから角度をつけて折るとiPadやiPhoneをおけるスタンドに早変わりってことなんですね。
後ろについているベルクロをくっつけて準備してみます。

完成したのがこちら!
非常にしっかりしている感じなので、iPadの重さでも安心して立てかけられると思います!

iPadを実際に立ててみたところです。
まるでネットブックみたいに見えますよね。
タッチパネル付きモバイルコンピューターの出来上がりって感じですね。

僕はiPhoneとキーボードをセットにして使っているので、そちらで使い心地を試してみました。
もちろん安定感やデザインなど上々で、買ってよかったプロダクツです。
ただiPhoneと合わせて使うとiPhoneのモニターが垂直に立ちすぎて見にくくて、首をすぼめたポジションになってしまうようです。
これについては自分でうまく後ろの台の角度をベルクロを使わないで摩擦で調節することでクリアできましたが、いくつか折り方の角度が選べたらもっと素敵なんじゃないかなと思いました。

ということでレビューはいかがでしょうか?
現在一番ぼくが持ってる中で活躍してるデバイスはMac Book Air 11inchなんですが、このケースとキーボードがあればいつでも記事制作や長文がデジタル化できて絶対便利になると考えています。
いまのところ一番小さくて、オールマイティに活躍しそうなセットがiPhone & Keyboardなので、しばしこのセットをつかって作業をすすめてみたいと思います。



[Information]
アコースフィア・ギター教室を東京と札幌で開講中!
Acousphereによるギターレッスンサイト好評配信中!"Guitar&Guitar"
Acousphereの最新音源 iTunes Store より好評配信中!ダウンロードはコチラ!