マイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のコードトーンを覚えよう!

Editor : Yohei Aso (Acoustic Sound Organization)

今回はマイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のコードトーン、およびそのポジションを説明します。アドリブを弾く時や、コードを弾いているときでもポジションが見えやすくなるので便利です!










マイナーセブンス♭5(minor7th♭5)は前に説明したマイナーセブンス(minor7th)のコードトーンの5度の音が半音下がった形になります。こちらのコードトーンも1オクターブずつ形で覚えるのをオススメします。Vii-7♭5、またはマイナー2−5のII-7♭5の時に使えるコードトーンです。



マイナーセブンス♭5(minor7th♭5)に使われている音

マイナーセブンス♭5(minor7th♭5)はRoot、♭3度、♭5度、そして♭7度の4つの音から出来ています。Root以外、全部フラット(♭)しています。



メジャーセブンス(Major7th)のコードトーン表

6弦ルート・ポジション1


こちらは6弦Root、4弦Rootから始まるマイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のポジション例その1です。2オクターブ分表記しています。ギターは視覚的に音列を見る事ができ、Rootの位置をフレットを横に移動するだけで転調できるので、形で覚えてしまいましょう。1オクターブずつ区切って覚えても良いです。



6弦ルート・ポジション2


こちらは6弦Root、3弦Rootから始まるマイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のポジション例その2です。こちらは弦飛びがあってフィンガリングが難しいです。無理な場合は違ったフィンガリングを探してみてください。こちらの3弦Rootの形は使いやすいです。



5弦ルート・ポジション1


こちらは5弦Root、3弦Rootから始まるマイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のポジション例その1です。



5弦ルート・ポジション2


こちらは5弦Root、2弦Rootから始まるマイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のポジション例その2です。こちらも弦飛びが難しいので、実用性は低いかもしれません。

すべてのコードトーンのポジションはRootの位置をずらせば違うキーで弾けますので、いろいろなキーで練習してみてください。

またRootからだけでなく、3度から、5度から、7度から、などスタートする音を変えて練習するとコードチェンジの際に前の音に近い音で弾けるようになるので、なめらかなコードチェンジのラインを作り出せるようになります。

[関連記事]
ドミナントセブンス(Dominant7th)のコードトーン
メジャーセブンス(Major7th)のコードトーン
マイナーセブンス(Minor7th)のコードトーン
コードの構造

[Information]
アコースフィア・ギター教室を東京と札幌で開講中!