【超便利!】コレコレ!こういうの欲しかったんだよ! 何も書かれていない空のウクレレタブ譜 レッスンや練習のメモにどうぞ! しかもコード書き込み表付き!


あったら便利な空欄ウクレレTAB譜を作成致しました。
四角のマスにはコードフォームを書く事が出来ます!

<使い方>
画像をダウンロードし、印刷してご使用ください。
練習曲のメモやコピーした楽曲の採譜にぜひお使いください!


2018.1.7 Acousphere Record ライブイベント開催!
Acoustic Garage Vol.10 吉祥寺スターパインズカフェ


Acousphere Recordの全アーティストの演奏に
映像作家の麻生周(SuhFilmingArts)のムービー上映を織り交ぜたスペシャルイベント。
迫力の演奏と映像のコラボレーションをお見逃しなく! 詳しくはこちら!

ギター弦の弾き方、爪がない場合編を説明します!

今回は指先の爪をのばしていない時のギター弦の弾き方についての説明をしたいと思います。
僕はギターの弾きはじめから最初の6年間くらいは爪を伸ばしていましたが、
Tuck Andressさんのスタイルに出会い、学ぶようになってからは爪をのばさないで弾くスタイルに変化したという経緯があります。
どちらの奏法もそれぞれのメリットがありますので、そこは自分がどういうアプローチでギターを弾きたいかによると思います。
爪がない方が指先の弦に対する当たり方に制限がなく多用なリズムに対応できると思います。

もう難しくない!ウクレレ「Gコード」を上手く押さえるコツ!


ウクレレ弾く際に必ず登場するコード。
“C”、“Am”、“F”...などなど多くのコードが有り、
皆さんはこのコードを使って様々な音楽を演奏していますね。
ウクレレには簡単に押さえられるコードフォームが多いですが、中には上手く押さえられないフォームもありますよね。

特に「G」のコードが押さえ難いという方が多いのではないでしょうか?
押さえる箇所が3つあり、加えて狭い範囲に指が上手く配置しにくいコードフォームですよね。
そこで今回は、この「Gコード」を上手く押さえるコツを解説していきます!
続きをご覧下さい!

フィンガーピッキングでの指の基本配置を説明します!

フィンガーピッキングでギターを弾く場合、親指、人差し指、中指、薬指の4本を使って弦を弾くのが基本です。
もちろん上級者になってくれば決めごともなく自由に指を使えるようになりますが、最初のうちは触る場所を決めておく事で安定した演奏の基本ポジションを身体に覚え込ませる事ができます。
また弦をどういった用途で使用するのか設定する事も大事です。
僕の場合は5弦と6弦はベース音を弾く弦で、残り1,2,3,4弦がコードやメロディを弾く弦と分類していますが、その使用法によってどの指で弾くかを変える必要も出てきますよね。
今回の記事では僕がおすすめする3つの基本ポジションについて説明します。

ウクレレで”恋”(星野源)を弾いてみよう! 「逃げ恥じ」主題歌!



ウクレレで星野源 恋を弾いてみよう!

歌手・大人計画での俳優として活動している星野源さん。
その星野さんが2016年に発表した『恋』をウクレレアレンジしました!
ドラマ「逃げ恥」の主題歌として起用され、楽曲はもちろんエンディングのキャスト陣によるダンスも話題となりましたね!

星野さんといえば園子温監督の「地獄でなぜ悪い」で演じた橋本役も印象的でした。
極道映画を撮らされるナヨナヨした青年。
恐ろしく濃いキャラクター達とは正反対な橋本が作品内で際立っていましたね。

バナナマンの単独講演のエンディング曲もいいですね!(こちらはSAKEROCK)
ラストの長編コント後にスタッフロールと共に流れる楽曲。
それを観終わったら得点映像を観るというのが僕のDVD鑑賞スタイルでした。

それでは、『恋』演奏の解説をします!
この曲はコードチェンジが多く、難しいそうに見えます。
しかし、コツを習得すれば必ず弾けるようになりますよ!

Lap StickでAi No Corridaを弾いてみました!

Acousphere奥沢です!
このところ紹介してきましたLap Stickですが、ほんとうにコンパクトでしっかりしていて、弾いて楽しいギターです。
でも小さいので演奏するのは大変じゃないのかなと思いますよね?
そのへんについてのレビューはやはり動画が一番!
ということでAcousphereのレパートリーであるAi No CorridaをLap Stickとウクレレをつかって演奏してみました。
お楽しみください!
それではさっそく演奏の模様をごらんください!

【動画・譜面あり】ウクレレで"ルージュの伝言"を弾いてみよう! ストロークを使った伴奏にチャレンジ!


ウクレレでルージュの伝言を弾いてみましょう!
1975年に発表された本曲。
これまで多くのミュージシャンにカバーされており、またジブリ映画『魔女の宅急便』のオープニング曲として多くの方が耳にしている楽曲ですね。
主人公キキがほうきに乗って町へ飛んでいく印象的なシーンです。
「ルージュの伝言」を聴くとこのオープニングシーンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか!?

今回はウクレレでこの名曲をアレンジしました!
原曲のキー=Eフラットからウクレレでも弾きやすいキー=Cへと変えています!
こちらの伴奏を覚えれば、動画の様なウクレレデュオはもちろん弾き語りやウクレレ&ボーカルなど様々なスタイルで演奏できます!
シンプルなストロークを使った伴奏、使用コードは4つのみという点からもウクレレ初心者にも弾きやすいアレンジです!
ぜひ、こちらの楽曲にチャレンジしてみて下さい!

Acousphereのバックアップギター「Lap Stick」をレビュー!

Editor : Shige Okusawa (Acousphere)ギターが大好きな人はわかってくださると思いますが、僕たちギター大好き人間は、旅にでかけるときも、仕事で出張にゆくときも、キャンプにいくときも、正月に帰省するときも、かならずギターを持ってゆきたい!という気持ちになりますよね。
とにかくギターに触れていたいと思うのは愛情なのか、はたまた禁断症状なのか。
でも僕の経験上、持ってゆくとかならず良い出来事がありますね。
出会った人にギター演奏をプレゼントして友達になったりとか。
でも大きなギターはかさばるし重いし、気軽に町中や旅先で持ち歩き続けるのは不可能です。そんな時はトラベルギターが一番!
僕がAcousphereのライブツアー時にバックアップとして使っているトラベルギター「Lap Stick」を、今回はカスタマイズしたポイントも含めてレビューします!
オランダのギター製作家Phil Nealさんによるギター「Lap Stick」はオーダーするとこのようなケースに入って届きます。
Lap Stick専用のケースで、緩衝剤もそれなりに入っている頑丈なケースだと思います。
このまま肩にかけてふらっとでかけることも可能ですし、旅行カバンやスーツケースに忍ばせる事もできますし、トートバックに突っ込んで持ち運ぶ事もできます。
僕もいくつもトラベルギターを購入してきましたが、Lap Stickはとびきりコンパクトで素晴らしいですよ。

中をあけるとでてきました、こちらがAcousphere奥沢所有のLap Stickです!
もうかれこれ4年くらい使っていますが、その間トラブルもとくになく、安心して使えるトラベルギターといえるのではないでしょうか。
専用のストラップもついてきます。

専用のストラップはこのように半分埋め込まれた特殊なピンにくっつけます。
とても小さなギターなので肩からかけるとかなり窮屈ではありますが、でもそれなりに弾きやすいポジションにおさまってくれるようにできているのは感心しました。

Lap Stickを後ろからみた写真です。
Miniのスポーツカー使用のステッカーみたいでかっこいいんですよね。
こういうデザインのニュアンスも気に入って僕はLap Stickを選んだのかもしれないですね。


ピックアップの部分です。
最初にマウントされていたのはどのブランドだったか忘れてしまいましたが、シングルコイルのだったのは確かです。
というのも、Acousphereのライブのバックアップギターにしようと最初から計画していたので、購入してすぐにカスタマイズしてしまったのですよね。
現在はEMG社のシングルコイル、アクティブタイプのピックアップを使用しています。
電池はギター内部の空洞の中に保管されています。

フィンガーボード、フレットの間隔がどのくらいのものなのか、僕の指と一緒に撮影してみました。
僕の指は太い方ではありませんので、普通サイズの指で対比してるとこのくらいと思っていただければいいと思います。
見た通りひじょうに狭くできていますが、ウクレレを弾いた事がある人にとっては違和感無くつかえるんじゃないかという程度ですかね。
ギターのスタンダードチューニングにあわせるとテンション感だけはかなり緩いかんじになりますので、ベンド(チョーキング)をするときだけは気をつけないとすごい音程上がりますよ。
逆にビブラートのかかりは非常に良いですね。
ちょっと振動させただけでも大きな音程が変化するので、啼きのギタープレイも可能かもしれないですね。
オクターブピッチはまあまあだと思います。
もちろん若干の調整はブリッジパートでできるので、こだわるひとはいろんな弦を試して一番相性の良いセッティングを探す事ができるのではないでしょうか。

こちらがブリッジ部分の写真です。
金属の削り出しで自作してるんでしょうかね?
こういったシステムはSteinberger社のシステムが有名ですが、それに勝るとも劣らない、しかもコンパクトでメタリックな良いパーツだと思います。
Steinbergerも所有しているのですが、確かに精度も高くて素晴らしいし、フルスケールということで普段のギターと同じように弾けるという意味ではSteinbergerもすごいと思います。
でも必要な部分だけを残し、そぎ落としてコンパクトにしてこのサイズ、デザインに到達したLap Stickは素晴らしいと思いますし、どうしてもこちらのギターの方に愛着がわいてしまうのですよね。
僕の所有するLap Stickのレビューはいかがでしょうか?
いまでは日本で在庫をもって販売してるお店もあるみたいなので、ネットで検索すればあまり時間もかからず手に入ると思います。
でもLap Stickのサイトから英語のメールをやりとりして、自分の為の一本をオーダーするのも素敵なのではないでしょうか。


2018.1.7 Acousphere Record ライブイベント開催!
Acoustic Garage Vol.10 吉祥寺スターパインズカフェ


Acousphere Recordの全アーティストの演奏に
映像作家の麻生周(SuhFilmingArts)のムービー上映を織り交ぜたスペシャルイベント。
迫力の演奏と映像のコラボレーションをお見逃しなく! 詳しくはこちら!

【動画/譜面】ウクレレで弾くザ・ビートルズ「オブラディ、オブラダ」"Ob-La-Di,Ob-La-Da"

【ウクレレレッスン アルペジオ】ザ・ビートルズ"Ob-La-Di,Ob-La-Da" ラグタイム風ウクレレ伴奏


こんにちはSonascribe井上です!
ウクレレで弾く名曲の数々、今回はザ・ビートルズの"オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ"を演奏をレクチャーします!

題材曲
"Ob-La-Di,Ob-La-Da"は1968年に発表したアルバム"The Beatles"(通称ホワイトアルバム)に収録されている楽曲です。
CMやBGMとして流れる事が多く、
軽快なリズムとサビのメロディは思わず口ずさんでしまいます!
今回は簡単なルールに沿ったフィンガーピッキング奏法をご紹介!
レッスン動画もありますので皆さんもぜひ弾いてみてください!

演奏前に必ずしよう! ウクレレのチューニング方法!

皆さんこんにちは、Sonascribe井上です!
ウクレレの音を合わせるチューニング方法を解説します!
ウクレレを購入して間もない方は、楽器屋さんでチューニングをしてもらったままの状態が多いのではないでしょうか。
音が合っていないと演奏が正しくできません。
演奏の前には必ずチューニングをしましょうね!

チューニングには音叉、ピッチパイプを使った方法がありますが、
今回は「チューナー」を使った方法を紹介します!
やり方はとても簡単ですので、ぜひ覚えてみましょう!